記事の詳細


仕事の疲れを癒す場所、居酒屋。
周船寺の路地裏の一角に、地域に密着した居酒屋、「大大(まさまさ)」があります。
今回は、「大大 周船寺店」の店長さんと、「大大」を創業した社長さんのお二人にお話を伺いました!


まずは、周船寺店の店長さんからです!

Q.お店を始めたきっかけは何ですか?
もともと中学の先輩が働いてて、最初は普通に飲みに行ってたんよ。
それで、とても居心地がよくてバイトを始めた。
それからそのままここで働いてる。

Q.仕事をする上で、大切にしていることは何ですか?
居心地のいい空間を作ること。それが一番。そのために、話すときはこっちから心を開くように意識してるかな。

Q.お仕事のやりがいは何ですか?
いろんな人と話せること。特にカウンターとかに座ったお客さんとは話すよ。

Q.周船寺のいいところは何だと思われますか?
やっぱり人かな。人があたたかい。接客業をやってると特によく感じるね。

続いては、この「大大 周船寺店」を創業した社長さんです!
社長さんは現在、「大大 別府店」で働いていらっしゃいます。

Q.そもそも、なぜ居酒屋を経営しようと思われたのですか?
最初はデリバリーのお店を経営していたんだけど立ち行かなくなって、
それで2年後に居酒屋とお弁当屋さんが融合したような店をたちあげたんよね。

Q.「大大」というお店を出すにあたり、こだわったことは何ですか?
家族で来れるということ。アットホームな感じ。
居酒屋って、大人が飲みに行く場所っていうイメージだけど、
そうじゃなくて子どもも大人も食事ができる場所にすることやね。
そのために、子どもも食べやすいラーメンを出したりしてる。

Q.お店を出すにあたり苦しかったことは?
店が軌道に乗らんときやね。
売り上げがのびなくて、月末は苦しんだな。そのときはもうガッツで乗り切ったわ(笑)

Q.お店を軌道に乗せるための工夫は何かされてましたか?
来てくれたお客さんにおいしいもの提供して接客して、って感じで。
その後そのお客さんたちに近所とかで、あの店よかったよーって言ってもらえるようにね。
あとはビラも配ったりしてね。

Q.経営していく上で大事にしていることは?
お客さんにおいしいものを提供するのはもちろんやけど、楽しく帰ってもらうことやね、やっぱり。
味と接客の両方やね。

Q.お客さんの特徴は?
家族が一番多い。小さい子もいるね。
あとは、建設業の人たち。女性だけで来られる方もいるよ。
宴会が開かれるときは、子どもの野球部のお父さんたちとか、保育園のママ友とかだね。

Q.お客さんとのつながりは来店後もありますか?
常連さんとして来てくださっている方とは友達になったりするよね。

Q.周船寺とのつながりは?
地域の運動会に出たりしたね!大大のT-シャツ着て(笑)
あとは、夏祭りに出店したり、商工会青年部としてボランティアしたりね。

Q.仕事のやりがいは何ですか?
いろんな人と出会えるのはいいよね。
あと、「ありがとう。」って言われるのは嬉しい。

Q.趣味はありますか?
休みの日はサーフィン!糸島でね。気持ちいいよ〜。

Q.おすすめメニューを教えてください!
断然、ラーメンとギョウザだね!!
ラーメンはこてこてじゃなくてあっさり系。

Q.では最後に、記事を読む方に一言!!
ラーメン、ギョウザを食べに来てください!
よろしくお願いします!!


あくまでアットホームなお店にこだわる社長さん。
そんな空間を演出すべく、お店の内装も古民家風にしたのだとか。
お店には、人とのつながりを大切にする店長さんがいらっしゃいます。
さらにメニューの中には、糸島の野菜や豚肉を使用したものも!
ぜひ、大大に足を運んでみてはいかがでしょうか!

ラーメン・居酒屋 「大大(まさまさ)」
⇒す.MAP WEBページへ

【周船寺店】福岡市西区周船寺2-10-46  電話:092-807-7793

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
【別府店】福岡市城南区別府3-1-4  電話:092-846-1234
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

周船寺商工連合会

〒819-0373 福岡市西区周船寺2-7-10  092-806-6031 ( FAX 兼用 )  E-mail: club@susenji.net

ページ上部へ戻る